矯正歯科

不正咬合を放置するとどうなるでしょうか?

1.食べ物を良く噛めなくなります。
2.言葉が不明瞭になります。
3.顎関節症(あごの病気)の誘因となります。
4.むし歯になりやすい。
5.歯肉炎や歯周炎になり、口臭の原因にもなります。
6.外傷を受けやすい場合もあります。
7.コンプレックスを感じ、内向的な性格になりことがあります。

矯正治療はなぜ必要なのでしょうか?

1.きれいに並んだ歯は歯みがきもしやすくなり、むし歯や歯周炎になりにくいので、歯が長持ちします。
2.よいかみ合わせをつくることにより、食べ物がよく噛め、消化もよくなり、また明瞭な発音も出来るようになります。
3.よいかみ合わせは、顎関節や口の周りの筋肉などもよい状態に保ちます。
4.歯並びを治すことで、コンプレックスを解消し、暗い表情から明るい表情へとイメージアップします。

一般矯正


歯列矯正の治療法にはいくつかありますが、一般的に「歯列矯正」と言えば、歯の表側に歯列矯正装置を取り付けて行う唇側(しんそく)矯正を指します。これは、歯の表側(唇側)に取り付けた"ブラケット"と言う歯列矯正装置にワイヤーを通し、ワイヤーの弾力を利用して歯を少しずつ動かして行く方法です。
従来からある金属製の歯列矯正装置から、透明で目立ちにくいセラミック製の歯列矯正装置や、ワイヤーが細く、弱い力で歯列矯正するため痛みが発生しにくい歯列矯正装置など、バリエーションが広がっています。
歯列矯正治療というと、「金属の装置が目立って、見た目が良くない」というイメージをお持ちではありませんか?

メリット
最もスタンダードな歯列矯正治療法で、歯列矯正症例実績も豊富です。

デメリット
歯の表側に歯列矯正装置を取り付けるため、歯列矯正していることが目立つ、審美性に問題がある。



舌側・裏側矯正


「歯列矯正はしたいけれど、人に装置を付けているところを見せたくない」そんな悩みを解消できるのが、裏側矯正=舌側矯正です。従来は歯の表側に付けていた歯の固定装置を、表からはほとんど目に付かない裏側に装着します。正面からは目立ちませんので、人目を気にせず治療に専念できるのが特徴です。

舌側矯正の最大のメリットとはなんと言っても外から矯正器具が見えないことです。人と話をする時に気を使ったり、口を大きく開けられない等、精神面からの解放感は非常に大きなメリットであると言えるでしょう。

最も大きなデメリットは、舌の先が装置と触れるために、喋る時に多少発音がしにくいことです。

小児矯正


子供の場合、美しい歯並び、正しい噛み合わせになるように早い時期から成長発育を見守ることが大切です。 小さいころから、矯正を始めると、顎の成長をうまくコントロールすることが可能になり、 キレイに仕上がる、抜歯する可能性が低くなるなどのメリットがあります。

逆に、あごが成長する子供の頃に、悪い歯並びやお口に関する癖を放っておくと、 あごの発育が正常に行われず、顔の形などに影響が出ることがあります。

上下のあごの位置がずれることによって起こる症状は、乳歯のはえている早い時期からの治療が効果的です。

小児矯正は、あごの成長を適切に誘導しながら治療を進めていくことができるので、 より永久歯が生えるときに正しい噛み合わせにできる可能性が高くなります。

○ 「子供の歯並びが気になる」「学校の歯科検診で指摘された」そんなお母様、お父様へ。
こどもの歯、つまり乳歯時期の矯正治療は、永久歯が正しい位置に生えてくるよう誘導するだけでなく、顎の正常な発育をも促すもの。
お子様の容貌はもちろん、美しい日本語や外国語学習に欠かせない正しい発音ができるよう、また不正咬合が原因と言われる様々な悪い症状を取り除くためにも、日々チェックし、治療の必要性などをきちんと検討してあげましょう。

当院では3歳から行える反対咬合(うけ口)の治療も行っています。

よしかわ歯科医院
〒813-0044 福岡県福岡市東区千早5-4-25-101
092-683-2101

Copyright (c) Yoshikawa Dental Office All Rights Reserved.