小児歯科


こどもの治療に大切なことは、お子さんの個性を尊重し、それぞれにあった治療方法を選んでいくことが大切です。
まず、虫歯があれば虫歯の治療をしなくてはなりません。
そのため、待合室での表情や診察室に入ってくる時の態度、顔色などを見て、治療に入る前に練習が必要かどうかを判断します。
練習したほうがいい場合には、1人でイスに座れたらまず褒め、ついで、お口を大きく開けてもらいます。何でも上手にできたら褒めてあげることが大切です。そして、お口の中に小さな鏡を入れる所までできれば、虫歯やお口の中の状態まで見ることができます。
それから、今度は口の中でお水を出したり、バキュームでだ液を吸う練習を行います。ここまでできれば、虫歯の治療まで大きく近づきます。
お子さんの頑張りをしっかり褒めてあげることが、次回のスムーズな治療の手助けになるのです。
しかし、『虫歯の治療が終われば、お終い!』では、また虫歯になる可能性があります。
なぜ、虫歯になってしまったのか?をしっかりと認識し、それに対する解決策を考える
ことが大切です。
例えば、歯磨きをしっかりしている子でも、奥歯の歯と歯の間に虫歯ができている子供がいます。これは、ジュースをよく飲んでいる子供やアメをずっとなめている子供に多くみられる傾向にあります。また、歯磨きができてない子は歯と歯茎の境目の歯の部分が溶けてしまっていることが多々認められます。
上記のように、虫歯になる原因は1人1人違います。そのため、虫歯の予防方法も個々に異なってくるのです。どうすれば、虫歯にならないかを、本人、ご家族、歯科医院でしっかり考えていくことが大切です。
虫歯の治療が終わったら、ブラッシング指導、フッ素塗布、定期健診この3つを行っていくことが大切です。子供の頃からのこの3つの習慣付けが口の中の健康を維持する秘訣だと思います。

よしかわ歯科医院
〒813-0044 福岡県福岡市東区千早5-4-25-101
092-683-2101